noel&gem@liquidroom ebisu
まず旅立ちから(笑)
13時半に職場を出て気付いたこと→化粧ポーチ忘れた・・・ @@;
メイク用のポーチは入ってたけどスキンケア用のポーチがない (大汗)
仕方なく駅前の薬局&化粧品屋に駆け込み購入。
かなり痛い出費。いずれ使うものとはいえよりによってこんな時に(泣)
前日までに持ち物リストを作ってチェックしながら1つずつポーチに
仕舞いこんで完璧だったはず。ポーチの中身はね。
結局ポーチをバッグに入れるのを忘れるアホな自分にイラつきつつ
波乱の(大袈裟)旅行の幕開けです^^;

東京駅に到着後→初の携帯版SUICAを使ってみる^^
そう、お財布携帯ってやつ! 今までナゼ使わなかったのか~
って後悔するくらい便利な代物にちょっと感激(TT)
いつでもどこでもお金も切符不要でスイスイ改札くぐれます!
(当たり前だけど・笑) 
運賃も確認しなくていいし、切符を買う列に並ぶ必要も無い。
これサイコー!!!
これから旅行する皆様→お財布携帯かなり使えます!是非!!

今回の宿は新宿。急な予約にも関わらず旅行手配してくれた
ミユキちゃんに感謝です。ありがとうね!
ラッキーなことに通常の部屋が満室で広めのお部屋に泊まれました!

ホテルで休む間もなく急いで恵比寿へ。小腹がすいていたので
駅中のエクセルシオールでスコーンとグレフルジュースを
お財布携帯で購入。いや~、活用しまくってマス^^>SUICA
↓チケットもやっぱりnoelフルネームとgemの名前のみ。
なぜgemはフルネームで呼んでもらえないのでしょうか??
e0046185_1934711.jpg

18時開場でしたが10分くらい前にliquidroomに到着<3
前のイベントが開催中だった為、中で待つ事も出来ず外をウロウロ。
そうこうしてるうちにチケット1番から200番までの方は中で待機してください
とアナウンス。彼氏を置いて1人で温かいロビーで待機(笑)
ロッカーに荷物一緒に入れるので彼氏の上着は私が持って入場。
寒い中Tシャツ1枚で外で待たされた彼→カワイソウ(他人事?!)

入場は番号順に5人ずつ。しっかりIDチェックするものの、
名前しか見てないっぽいのでIDとチケの名前さえ同じなら他人でも
入れたのでは?と思います。(顔確認までしてたら時間かかるもんね)

中に入ったらさすがに中央最前~3列目くらいは埋まってたけど
そんなにギュウギュウではなかったです。
むしろ周りの1段上がったテーブルでお酒飲みながらの人や
椅子に座って寛ぎながらライブを待ってる人がいてステキです!
中央で見ようかなと思い真ん中に入ってみたものの全員メンズで
(しかもデカイ)コリャ見えないわ~と思いgem側最前列を確保。
といっても、gemがキーボードに行っちゃうとスピーカーで見えないという
微妙な位置なんですけどね^^
でもNOELは頭のてっぺんから足の先まで丸見えの位置!
つか、近っ!!!ステージまで本当に近いしココでライブが見られるなんて
oasiでは考えられない距離で、想像しただけで興奮です。






まず颯爽とgem登場!サワヤカです。でもいつもと同じ服・・・
相当儲かってるはずなのにgemって何年同じJK着てるの?
インナーもデニムも全部いつもと同じ。
ギターだってnoelに貰ってるっぽいし一体何にお金を使ってるのか。
誰か知ってる人がいたら教えてください!
あ、散髪はマメにしてるっぽいな(笑)

noelも登場!相当クールです!近い!近すぎる!!ヤバイ^^
服装は「いいとも~」と同じです。全身黒+真紅のロングスカーフ
こんなスカーフ巻けるのはnoel=starだからこそ!
だって私なら間違いなく選ばないもんな・・・(笑)

それにしても、この近さなのにすごくリラックスできる自分と空間に驚きです。
興奮というよりはむしろスゴク落ち着いた雰囲気でライブに臨めました。
騒ぎに来た、歌いに来た、暴れに来たという気持ちにあまりならず
純粋に歌を聴きに来たっていう感じです。
e0046185_1958258.jpg

ちなみに今回のライブではgemがnoelのギターを弾いてました。
つかunpluggedって書いてあるけどプラグインしてます(笑)

ライブの幕開けは(IT'S GOOD )TO BE FREE♪お初です。
あまりにステージとの距離が近すぎて、上手く状況が飲み込めない
自分がいました。手を伸ばせば届きそうな距離が泣けてきます。
歌声を聴いた瞬間、なんか笑っちゃいました。
だってあのク●ガキがこんな風に成長して大人になって格好良くて
プロとして素晴らしいライブを披露してくれてるんですもの!
若気の至りはどこへやら、気恥ずかしさもなく堂々と技術的にも
素晴らしく向上した演奏を披露してくれるんですもの!
歳を重ねるごとに磨きがかかっていく歌声を披露してくれるんですもの!
音楽を志すものはもちろん皆音楽を愛して止まないと思いますが
それでも全ての人がこんな風になれるわけじゃないんです。
よくぞまあ、ここまで来てくれたもんだ~と感慨深い思いでいっぱいです。
(なぜお前が上から目線なんだ~って私を怒ってください)
マジデ、グレもせず(いや、グレたけど)全てを乗り越えてココまで
来てくれたことに感謝です。heroです。熱過ぎです、私・・・恥

客席との距離が近いため掛け声にも気さくに?!応えるnoel
時々失礼な客には「お前にゃ関係ねーよ」って冷たく応えてたけど^^;
あ、1人超失礼な客がいました。後のほうで見えなかったのか
思いっきり「Stand up」ってnoelに命令してました。あり得ないです。
ギロって睨んでましたよ、マジで。
睨みと言えば、ライブ後に彼氏に言われて知ったのですが、
ギターの音がキーンって鳴ったときにスゴイ形相で一瞬睨んだそうです。
鋭い眼差しを彼氏は見逃さなかったそうです。
「お前あの瞬間見なかったの?プロ魂だね、俺には気持ち分かる」
な~んて言っておりました・笑
e0046185_053866.jpg

全曲感想を述べると相当長くなるので割愛しまーす。

LISTEN UP
→これも今回初めて聞いた曲。
聞きながらliamが歌うlisten upが頭の中に鳴り
現実のnoelと2人の声が重なり、完璧なハーモニー。涙が出ました。
全てが完璧に重なり合う感じが素晴らしかった。

WHATEVER
→この名曲を生で聴いたのは2回目。
素晴らしい歌だけどやはり初めて聞いた時の衝撃は超えられないかな。
相変わらず美しかったです。

SLIDE AWAY
→全曲素晴らしいけど、1曲だけもう1度聞かせてあげるよって言われたら
間違いなくこの曲を選びます。最後の1フレーズ
「All I know is you can take me there、take me there・・・」
忘れられないnoelの歌声。頭の中に永遠ループ
なんだってこんなに歌が上手くなっちゃったんだろうね~noelったら^^
元々大好きな曲なんだけど、モットモット大好きになった。

STRAWBERRY FIELDS FOREVER
→まさかコレが聞けるとは!noelの魂ですよ!そしてgem最高過ぎです。

MARRIED WITH CHILDREN
→これもお初ですが、私の思い入れが強すぎて・・・
素晴らしい演奏だったけどちょっと違和感でした。
この曲はデビューアルバムの最後を飾る曲で、今にも崩れ落ちそうな
微妙な、絶妙なバランスの演奏とliamの若い歌声で、
それでいて未来を予感させる、爆発しそうな何かを内包してる素晴らしい名曲。
それが・・・gemの手にかかると、全てが完璧になっちゃいます。
演奏が上手すぎてあの若さが持つ一種綱渡り的な一歩間違ったら
全てがダメになってしまうあの危うさが感じられないのです。
って彼氏に言ったら
「仕方ないんだよ、皆成長しちゃうし技術は向上するんだから。
あの上手さ、アレはアレで完璧なんだから!
それよりこんなマニアックな会話を聞かれたらまずいんじゃない?」って。
それでも頑固な私はやっぱりgemじゃダメと思ってしまいます。

今回は初めてライブで聞く曲が何曲かあり、そのどれもが素晴らしく
oasisの歌っていうのは全てが素晴らしいって改めて実感。
もっともっと言いたいことはたくさんあるけど、結局はこの一言です。
「感動のライブをありがとう!noel&gem」

ライブ後会場を出たら感動の涙が空から降ってきてました。
足早に駅に向かい新宿へ戻り、ホテル近くの(前回も行った)
ベルギービールの店で夜ご飯。胸がいっぱいであまり食べなかったです。
(でもホテル戻ってからお菓子食べたんだけどね・苦笑)
e0046185_028359.jpg

この日は2人とも疲れてたのになかなか寝付けなかったです。
素晴らしいライブの余韻と興奮がそうさせたのでしょう。
[PR]
by love_songbird | 2006-11-21 00:40 | life
<< 「あの道で写真?日本人がやるんだろ」 COLDPLAY@日本武道館 >>